ワイヤーボンダの精密さと芸術の演出の似ているところ

ワイヤーボンダはとても精密につくられています。
普通の人では考えられないほどの緻密な技術によって支えられているのです。
このことは、芸術の演出と同じだと考えています。
演出は細部にわたって演出家が決定します。
観客からは見えない部分であっても妥協をしません。
何度も練習を重ねて、クオリティの高い芸術が完成するのです。
ワイヤーボンダも同じで、これまでに幾度となく開発や研究が行われてきました。
その努力の結晶が、現在のワイヤーボンダの形を生んでいるのでしょう。
これからの進化も楽しみになってきますね。
やっぱり、人間がつくりあげる技術や芸術には感心させられてばかりです。
見ているだけ、心の底から感動することさえあります。